高等学校

岐阜県高校新人陸上大会

10月10日(日)・11日(日)に岐阜メモリアルセンター長良川競技場にて岐阜県高校新人大会が開催されました。

 

本来、9月中旬に開催予定でしたがコロナウイルスの影響で延期となっていました。しかし、無事に大会を開催していただき感謝しております。

 

 

男女とも総合優勝を目指して今大会に臨みました。

結果は以下の通りです。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

〇総合結果

 

男子総合4位

 

女子総合2位

 

IMG_3721

 

〇個人結果(男子)

 

●1500m

木下瑛仁(2年)3位(4’08”59)

 

 

●5000m

木下瑛仁(2年)7位(15’07”76)

中嶋希(2年)8位(15’20”20)

 

 

●3000mSC

中嶋希(2年)優勝(9’47”54)

加藤佑都(2年)2位(9’58”45)

 

 

●5000mW

中島遼大(1年)3位(32’57”62)

 

 

●4×100mR 8位(44”02)

【1走】前畑桜大(2年)

【2走】小川智也(1年)

【3走】奥村竜二(2年)

【4走】益田蒼大(2年)

 

 

●走高跳

奥村竜二(2年)優勝(1m90)

益田蒼大(2年)2位(1m87)

 

 

●走幅跳

前畑桜大(2年)5位(6m38)

 

 

●三段跳

益田蒼大(2年)4位(12m83)

前畑桜大(2年)5位(12m80)

 

 

●砲丸投

各務隆聖(2年)7位(10m07)

 

 

〇個人結果(女子)

 

●800m

瀬木彩花(2年)優勝(2’15”64)

坂上瑠渚(2年)2位(2’17”84)

三島柚姫(2年)8位(2’33”86)

 

 

●1500m

瀬木彩花(2年)優勝(4’34”60)

樋口ほのか(2年)3位(4’47”70)

三島柚姫(2年)5位(4’56”63)

 

 

●3000m

樋口ほのか(2年)2位(10’05”73)

田坂望愛(2年)3位(10’19”84)

中山侑(2年)4位(10’28”61)

 

 

●100mH

河尻優來(2年)優勝(14”99)

山本琉凪(1年)2位(15”09)

 

 

●5000mW

宇佐見和奏(1年)2位(30”18”88)

 

 

●4×100mR 3位(50”63)

【1走】黒井綾乃(1年)

【2走】渡邉千夏(2年)

【3走】河尻優來(2年)

【4走】山本琉凪(1年)

 

 

●走高跳

河尻優來(2年)優勝(1m54)

山本琉凪(1年)8位(1m45)

 

 

●棒高跳

椋梨萌(2年)4位(2m60)

 

 

●走幅跳

黒井綾乃(1年)5位(5m02)

清水希愛(1年)6位(4m95)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

目標としていた男女総合優勝には届きませんでしたが、思うように練習ができない日々が続いた中でよく頑張ってくれたと思います。実践の感覚が不足しているため、この試合をきっかけにして、ここからの大会に向けてさらにレベルアップできるよう頑張ります。

 

ご声援いただいた皆様方、ありがとうございました。

 

今大会入賞者は10月30日(土)・31日(日)に静岡県で開催される東海高校新人大会に出場します。

 

※一部、長距離の選手は県駅伝に向けて出場を辞退する種目もあります。

 

なお、岐阜県高校駅伝は11月14日(日)に岐阜メモリアルセンターの外周コースで実施されます。悲願の男女アベック優勝に向けて頑張りますので応援よろしくお願いします。

 

 

新人戦の結果はこちら

 

同日(10月10日)開催のプロジェクト記録会の結果はこちら

後期生徒会役員認証式

後期生徒会役員認証式をZoomを利用し、各教室に中継して行いました。
最初に前期生徒会長からは全生徒への感謝の言葉があり、その後、校長先生から新役員に認証書が手渡されました。
後期生徒会長からはこれからの活動に対する決意をそれぞれ話がありました。
今後の活躍を期待しています。
IMG_4993 IMG_4994

第1回学校見学会

10月9日(土)に中学生と保護者を対象に第1回学校見学会が行われました。

新型コロナウイルス感染症対策として、参加人数を制限し、午前と午後の2回に分けて実施しました。

校長先生の挨拶に続いて、生徒会長から歓迎の言葉があり、生徒会役員による学校紹介が行われました。

PA090008 PA090024

PA090029 PA090030


続いて、各部活動による活動内容の紹介がありました。どの部活動も説明だけでなく、パフォーマンスをするなど工夫を凝らした紹介が行われました。

PA090051 PA090100

PA090043 PA090056


講堂でのイベントの後は、蛍雪コース体験と部活動体験に分かれました。蛍雪コースの進学についての取り組みについての紹介や、昨年卒業した先輩からのメッセージ、国語・数学・英語の模擬授業を体験しました。

PA090138 PA090141


部活動体験では高校生と一緒に実際の練習メニューを体験し、美濃加茂高校の部活動について知っていただきました。

PA090120 PA090159

また、保護者の方には就学支援金等についての説明と個別相談会を行いました。

半日という短い時間でしたが、美濃加茂高校の様々なことを知っていただければ幸いです。本日はお越しいただきありがとうございました。

次回のイベントは11月6日(土)に第2回学校見学会を実施します!入試対策講座を始め様々なイベントを計画していますので、是非お越し下さい!!

OPEN SCHOOL 2021

中学生と保護者を対象にオープンスクールを行いました。

今年は新型コロナウイルス感染症防止対策として、参加人数を制限し、各教室にて電子黒板を利用した映像と、先生と在校生のトークを織り交ぜた学校紹介を行いました。

IMG_0657 IMG_0662


教室での説明の後、国語・数学・英語の授業体験と部活動見学、個別相談等に分かれました。

IMG_4992 IMG_4994 P7300036 P7300045 P7300051 P7300040

全日程とも満員御礼となり、多くの方々に美濃加茂高校のことを知っていただきました。ご参加ありがとうございました!

就職講演会

今年度も企業アドバイザーの新井京子先生をお招きし、3年生の就職希望者を対象に就職講演会を行いました。

「社会人として求められる資質」をテーマに、第一印象の大切さや、人と話すときのポイント、社会人としての言葉遣いなどを指導していただき、自己紹介の練習も行いました。

DSC_0269 DSC_0270

この講演会で学んだこと活かして、今後の就職指導や1か月後に迫った就職試験に向けて頑張っていきます。

全国高校総体(5日目)※男子走高跳予選

全国高校総体5日目(最終日)でした。

 

本日は、齊藤皇嵐男子 走高跳 予選に出場しました。

 

予選通過ラインは2m01

 

最初の跳躍は自己ベスト記録の1m95からでした。

 

結果は、残念ながら「記録なし」でしたが、初めてのインターハイで精一杯力は出したと思います。

A714CDC5-6161-4F9A-88A6-A6D50254CC68

振り返ると、東海総体では自己ベストの1m90を3回目で何とか跳び、その後の1m95を1発でクリアしてインターハイへの出場を決めました。追い込まれてからの集中力と勝負強さが彼の強みでした。

また、彼には同じ跳躍競技で全国を有力視されたチームメイトがいましたが、東海総体で惜しくも敗れたため、その仲間の想いも背負ってインターハイに臨みました。

試合の前日調整も当日の跳躍練習も調子は良く、本人もやるべきことに集中できていましたが、「記録なし」の結果に終わってしまいました。

走高跳や棒高跳のように、目の前に越えなければならない高さを設定されて、そこに向かって挑んでいく種目は、跳べば「○」、跳べなければ「✖️」、長距離種目などとは違い、レースにペース配分や駆け引きがあるわけではないので、戦いはとてもシンプルです。

また、競技が終了したら必ず記録や順位が出る訳ではないため、惜しい跳躍だったとしても、高さを越えられなければ「NM」(記録なし)と表記されるだけで順位もつかないとてもシビアな種目です。

そのような種目を高校から始めてインターハイに出場し、この舞台で11本自分の動きと向き合いながら、自己ベスト記録に果敢に挑んだ齊藤は立派でした。

インターハイを経験したことで彼はまた1つ成長したと思います。これからも頑張りますので、今後とも応援よろしくお願いいたします。

 

 

最後に、ここまでご支援くださった皆様にこの場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。

 

 

8E29A2E5-DC14-4362-91FE-F148536F5EFB 3F7E00E7-2C85-4C3E-954E-CC2DA88E70F5

 

全国高校総体(3日目)※男子5000mW 8位入賞!!

全国高校総体3日目でした。

 

本日は予選を通過した後藤誉5000mW決勝に出場しました。

 

8D32B223-46C1-4EBA-AC19-A6D615FA1646

 

結果は21‘59“55のタイムで見事に8位入賞を果たしました!!

 

4C1F5350-41D6-4E1A-A88A-385DDA380F22

A2D3A4D2-DED1-480D-92E7-4712A95B03F2

 

県大会辺りから調子を崩し、調子が上がりきらない中で今回の全国高校総体を迎えました。

 

予選通過タイムも決勝に残った16名の中で最下位でした。

 

しかし、そのようなマイナスな要因に囚われることなく集中した歩きを見せてくれました。

 

また、予選と同様に上位陣に失格が出て順位が繰り上がるという運も味方につけました。しかし、なによりも、本人が最後まで粘り強く歩いたこと。失格を取られない歩型を追求し続けたことが入賞の要因だと思います。

 

また、ここまで、ご指導・ご支援をくださった皆様方のおかげです。本当にありがとうございました。

 

06618DE3-8B75-4A6E-A0BE-B1367387E04C

 

 

次は大会5日目(8月1日)に齊藤皇嵐男子走高跳に出場します。

ご声援お願いいたします。

 

ライブ配信はこちらから

 

 

 

全国高校総体(2日目)※男子5000mW決勝進出!!

7/29(木)、全国高校総体2日目でした。

本日は後藤誉男子5000mW予選に出場しました。

 

決勝への進出条件は、2組6着+4

 

後藤は1組目に出場し、22‘05“86で6着に入り、決勝進出を決めました。

 

C9476063-C2F4-472A-B269-D83F520193E7

 

〇通過タイム(1000m毎)

1000m 4’33”

2000m 4’22”

3000m 4’21”

4000m 4’19”

 

チェンジオブペースを苦手としていたため、前半ゆっくり入る嫌な展開でしたが、落ち着いて歩いてくれました。

 

また、フィニッシュは8番目でしたが、上位2名に失格者が出たため、6着に繰り上がり、決勝に残ることができました。

 

運も味方につけた形でしたが、最後まで諦めない姿勢が運を引き込んだと思います。

 

明日16:50〜決勝となります。入賞めざして頑張りますので、ご声援お願いいたします!!
ライブ配信はこちらから

全国高校総体(1日目)※男子1500m予選

7月28日〜8月1日にかけて9.98スタジアム(福井県営陸上競技場)にて全国高校総体が開催されています。

 

4E41051F-649C-46F4-B1AF-286041B9D9B1

大会初日の本日は古橋空弥男子1500m予選に出場しました。

結果は、2組6着(17人中) 3’56”72で予選落ちでした。

 

B5609EF4-44ED-4C70-83EF-524B171AF63A

 

1CFD44B0-325B-4C5E-B47E-A9C23863C79D

東海総体のようなスローペースでレースが進み、後半にペースが上がる展開でした。

 

〇通過タイム(400m毎)

400m1’12”

800m1’02”

1200m59”

 

ラストは置いていかれましたが、ペースアップが大きな難しいレースの中で、位置取りも上手くでき、終始落ち着いてレースを進めることができました。

 

全国の舞台で、強い選手相手に怯まず挑めたことは収穫です。
この経験を駅伝に繋げて欲しいと思います。

 

明日は後藤誉男子5000mWに出場します。ご声援お願いいたします。競技時間が1時間遅れたため、18時スタート予定です。

ライブ配信はこちらから