陸上競技

全国高校総体(5日目)※男子走高跳予選

全国高校総体5日目(最終日)でした。

 

本日は、齊藤皇嵐男子 走高跳 予選に出場しました。

 

予選通過ラインは2m01

 

最初の跳躍は自己ベスト記録の1m95からでした。

 

結果は、残念ながら「記録なし」でしたが、初めてのインターハイで精一杯力は出したと思います。

A714CDC5-6161-4F9A-88A6-A6D50254CC68

振り返ると、東海総体では自己ベストの1m90を3回目で何とか跳び、その後の1m95を1発でクリアしてインターハイへの出場を決めました。追い込まれてからの集中力と勝負強さが彼の強みでした。

また、彼には同じ跳躍競技で全国を有力視されたチームメイトがいましたが、東海総体で惜しくも敗れたため、その仲間の想いも背負ってインターハイに臨みました。

試合の前日調整も当日の跳躍練習も調子は良く、本人もやるべきことに集中できていましたが、「記録なし」の結果に終わってしまいました。

走高跳や棒高跳のように、目の前に越えなければならない高さを設定されて、そこに向かって挑んでいく種目は、跳べば「○」、跳べなければ「✖️」、長距離種目などとは違い、レースにペース配分や駆け引きがあるわけではないので、戦いはとてもシンプルです。

また、競技が終了したら必ず記録や順位が出る訳ではないため、惜しい跳躍だったとしても、高さを越えられなければ「NM」(記録なし)と表記されるだけで順位もつかないとてもシビアな種目です。

そのような種目を高校から始めてインターハイに出場し、この舞台で11本自分の動きと向き合いながら、自己ベスト記録に果敢に挑んだ齊藤は立派でした。

インターハイを経験したことで彼はまた1つ成長したと思います。これからも頑張りますので、今後とも応援よろしくお願いいたします。

 

 

最後に、ここまでご支援くださった皆様にこの場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。

 

 

8E29A2E5-DC14-4362-91FE-F148536F5EFB 3F7E00E7-2C85-4C3E-954E-CC2DA88E70F5

 

全国高校総体(3日目)※男子5000mW 8位入賞!!

全国高校総体3日目でした。

 

本日は予選を通過した後藤誉5000mW決勝に出場しました。

 

8D32B223-46C1-4EBA-AC19-A6D615FA1646

 

結果は21‘59“55のタイムで見事に8位入賞を果たしました!!

 

4C1F5350-41D6-4E1A-A88A-385DDA380F22

A2D3A4D2-DED1-480D-92E7-4712A95B03F2

 

県大会辺りから調子を崩し、調子が上がりきらない中で今回の全国高校総体を迎えました。

 

予選通過タイムも決勝に残った16名の中で最下位でした。

 

しかし、そのようなマイナスな要因に囚われることなく集中した歩きを見せてくれました。

 

また、予選と同様に上位陣に失格が出て順位が繰り上がるという運も味方につけました。しかし、なによりも、本人が最後まで粘り強く歩いたこと。失格を取られない歩型を追求し続けたことが入賞の要因だと思います。

 

また、ここまで、ご指導・ご支援をくださった皆様方のおかげです。本当にありがとうございました。

 

06618DE3-8B75-4A6E-A0BE-B1367387E04C

 

 

次は大会5日目(8月1日)に齊藤皇嵐男子走高跳に出場します。

ご声援お願いいたします。

 

ライブ配信はこちらから

 

 

 

全国高校総体(2日目)※男子5000mW決勝進出!!

7/29(木)、全国高校総体2日目でした。

本日は後藤誉男子5000mW予選に出場しました。

 

決勝への進出条件は、2組6着+4

 

後藤は1組目に出場し、22‘05“86で6着に入り、決勝進出を決めました。

 

C9476063-C2F4-472A-B269-D83F520193E7

 

〇通過タイム(1000m毎)

1000m 4’33”

2000m 4’22”

3000m 4’21”

4000m 4’19”

 

チェンジオブペースを苦手としていたため、前半ゆっくり入る嫌な展開でしたが、落ち着いて歩いてくれました。

 

また、フィニッシュは8番目でしたが、上位2名に失格者が出たため、6着に繰り上がり、決勝に残ることができました。

 

運も味方につけた形でしたが、最後まで諦めない姿勢が運を引き込んだと思います。

 

明日16:50〜決勝となります。入賞めざして頑張りますので、ご声援お願いいたします!!
ライブ配信はこちらから

全国高校総体(1日目)※男子1500m予選

7月28日〜8月1日にかけて9.98スタジアム(福井県営陸上競技場)にて全国高校総体が開催されています。

 

4E41051F-649C-46F4-B1AF-286041B9D9B1

大会初日の本日は古橋空弥男子1500m予選に出場しました。

結果は、2組6着(17人中) 3’56”72で予選落ちでした。

 

B5609EF4-44ED-4C70-83EF-524B171AF63A

 

1CFD44B0-325B-4C5E-B47E-A9C23863C79D

東海総体のようなスローペースでレースが進み、後半にペースが上がる展開でした。

 

〇通過タイム(400m毎)

400m1’12”

800m1’02”

1200m59”

 

ラストは置いていかれましたが、ペースアップが大きな難しいレースの中で、位置取りも上手くでき、終始落ち着いてレースを進めることができました。

 

全国の舞台で、強い選手相手に怯まず挑めたことは収穫です。
この経験を駅伝に繋げて欲しいと思います。

 

明日は後藤誉男子5000mWに出場します。ご声援お願いいたします。競技時間が1時間遅れたため、18時スタート予定です。

ライブ配信はこちらから

中濃地区高校総体2021

7月18日(日)中池公園にて、中濃地区高校総体が行われました。

 

男女とも、総合優勝を掴むことができ、納得のいく結果をおさめることができました。

 

B5A6786A-84CE-4F65-B496-28CADCA9CE05

この大会で引退する3年生も多く、最後にかっこいい姿を後輩たちに見せてくれました。

 

ここからは、長距離ブロックは冬の駅伝に向けて、短距離・跳躍・混成・投擲ブロック等は秋の新人戦、来年のインターハイ予選に向けて努力していきます。

 

 

今後とも応援よろしくお願いします。

 

 

 

岐阜県選手権2021

6月27日(日)・7月3日(土)・7月4日(日)の3日間にわたり、岐阜メモリアルセンターにて岐阜県選手権が開催されました。

 

大学生や一般の選手も参加する大会でしたが、

 

男子7種目

女子5種目 リレー2種目

 

で入賞を果たし、8月21日・22日に長野県松本市で行われる東海選手権への出場を決めました。

 

 

東海選手権では、愛知・静岡・三重・長野の選手たちと、肩を並べて戦えるように頑張ります。

 

ご声援よろしくお願いします。

東海高校総体2021

6月18日〜20日にかけて「三重交通Gスポーツの杜伊勢」にて東海高校総体が開催されました。

 

5名の選手が入賞を果たし、3名の選手が福井県で行われるインターハイへの出場を決めました。

 

〇入賞者

古橋空弥(3年)男子1500m 6位入賞(3‘58“17)

4290D783-0449-425B-AD95-66C6511E3CE7

後藤誉(3年)男子5000mW 3位入賞(22’37”46)

白木裕晴(3年)男子5000mW 5位入賞(23’26”00)

2566850D-0ADC-47AA-B26D-29FD2755AABC

 

齊藤嵐皇(3年)男子走高跳 3位入賞(1.95)

 

EAFE3C53-0727-4826-9EB4-1989B8BE3449

 

河尻優來(2年)女子7種競技 4位入賞(4031点)

BA8ECBE9-B3E9-4E44-9CBA-261901CEF207

 

※上記選手のうち、古橋後藤齊藤の3名がインターハイへの出場を決めました。

 

インターハイは7月28日〜8月1日までおこなわれます。

ご声援お願いいたします。

 

854A9335-2446-4FB8-8294-28BF3477B520

 

その他の選手の結果はこちら

岐阜県高校総体

5月21日(金)〜23日(日)にかけて、岐阜メモリアルセンターで岐阜県高校総体が行われました。

 

 

男子総合 準優勝

 

女子総合 準優勝

 

 

という結果でした。惜しくも男女アベック優勝という目標には届きませんでしたが、出場した選手、サポートに回った選手、全員が3日間全力を尽くしました。

 

 

FA3F8CD5-A2F3-48EE-96DE-BD2340ACBBBC

 

男子14種目 リレー1種目

 

女子18種目 リレー2種目

 

えいこ しゅんすけ りさ

で東海総体への出場を決めました。これは、過去最高人数です。

 

 

東海大会では、1人でも多くの選手が福井インターハイへ出場できるよう頑張ります。

 

 

今後とも応援よろしくお願いします。

 

 

詳しい結果はこちら

伊那駅伝2021

伊那駅伝大会に出場をしてきました。

 

昨年は中止でしたが、今年は開催していただけました。関係者の皆様方にこの場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。

 

結果は以下の通りです。

 

男子:36位(2時間17分49秒)

古橋(2年)ー木下(1年)ー犬塚(2年)ー中嶋(1年)ー加藤(1年)ー平田(2年)

 

 

女子:13位(1時間18分03秒)

瀬木(1年)ー坂上(1年)ー田坂(1年)ー中山(1年)ー長谷部(2年)

 

 

 

男女とも、冬場の取り組みの確認ができたとともに、春のシーズンに向けて課題が多く残っていることを実感しました。

 

久しぶりに試合に出場できたことで、スイッチも入ったと思います。

インターハイ予選に向けて、ここからがんばります。

 

ご声援ありがとうございました。

 

結果は↓

男子

女子

第45回全日本能美競歩大会

第45回全日本能美競歩大会に出場をしてきました。

 

結果は以下の通りです。

 

高校生男子10kmW

 

後藤 誉(2年) 7位入賞(44分12秒)

 

白木裕晴(2年) 38位(50分47秒)

 

後藤は43分台での入賞、白木は50分切りを目標にしたレースでした。

 

わずかに目標タイムに届きませんでしたが、2人ともがんばりました。

 

白木は初めての10kmWでしたが、臆せず1kmあたり5分のラップを刻みつづける粘りの歩きをしました。

 

後藤は1か月前、六甲で行われたU20競歩で47分06秒に終わっていましたので、見事に雪辱を果たしました。

 

 

ここで掴んだ手ごたえと課題をインターハイ予選へつなげていきたいと思います。

 

ご声援ありがとうございました。

 

IMG_7850

表彰式の写真です。

 

 

結果はこちら