ボート高等学校 のすべての投稿

岐阜県新人大会 女子シングルス優勝

令和元年9月14日(土)、15日(日)に川辺漕艇場で岐阜県高等学校新人大会ボート競技が開催されました。

結果は、女子シングルスカル(山本天空)優勝           

天空

男子舵手付クォドルプル(井上・増倉・林・金石・山内)準優勝男子クォドルプル

この2クルーは、10月末に開催される中部選抜大会への出場権を手に入れました。全国大会出場に向けて今後も練習に励んでいきます!

 

また、新人戦ということで1・2年生ともに初めてコンビを組んでレースに臨んだクルーもありましたが、夏休みからこの1か月間練習に励んだ結果、着実に力をつけています。

女子ダブルスカル(後藤・杉山)第3位

女子ダブル

全体

今シーズンの大会は最後となり、来シーズンに向けて秋以降は陸トレやエルゴマシーンを中心とした基礎体力の強化を図る期間に入ります。引き続き応援の程、宜しくお願い致します。

 

第66回東海総体 結果報告

6月22日(土)・23日(日)、静岡県佐鳴湖漕艇場において東海総体(ボート競技)が行われました。

本校からは、先日行われた県総体の結果より3クルーが選手たちが出場しました。

女 子

女子ダブルスカル 準優勝

  11510623-DD65-4FB7-A567-673EB50D49DE

女子舵手付きクオドルプル 5位

0C522D06-D557-4C75-BCAC-D8D539F7F9C7

男 子

男子ダブルスカル 6位83F9C2ED-0C61-4603-8BA2-DFBE581279F6

以上のような結果となりました。

今後とも応援のほど、宜しくお願いします。

県総体 男女ダブルスカル優勝!

5月25・26日、川辺漕艇場で行われた県総体(IH岐阜県予選会)で男女のダブルスカルが優勝!全国高校総体(インターハイ)への出場権を獲得することができました。

予選トップタイムで迎えた決勝。男女ともにスタートで大幅に出遅れ、トップを追う展開となりましたが、あきらめることなく中盤からトップクルーにピタリとつけてプレッシャーをかけ、600m付近では相手のミスを誘い逆転。そのままゴールまでトップを守り切り、見事インターハイへの出場を決めました。

また、女子舵手付クオドルプルは見事なスタートを決めて序盤は2番手に1艇身ほどの差をつけてトップを快漕。しかし、地力がある加茂高校に徐々に差を詰められ、ラスト300mで並ばれるとそのまま逆転されて惜しくも準優勝。それでも東海総体への出場権を得ることはできました。

女子ダブルスカル

女子ダブル2019

男子ダブルスカル

男子ダブル219

女子舵手付クオドルプル

女子クオド2019

応援、ありがとうございました。

 

川辺中学校1年生ボート体験!

令和元年5月17日(金)、川辺中学校の一年生の皆さんが「ボート体験学習」を実施。本校ボート部はそのお手伝いをさせていただきました。

水上における乗艇指導やエルゴメーター体験など、自分で漕ぐことは得意な本校の生徒も「教えること」には不慣れなところがあり、戸惑うことが多々ありましたが、何とか無事に終えることができました。

高校生の言葉に素直に耳を傾け、一生懸命に漕ぐ中学生の姿に感動し、あらためてボート競技のすばらしさに気づかされました。

中学生の皆さん、本当にありがとうございました。

DSC_0711 DSC_0732

DSC_0723

 

第9回岐阜県マシンローイング大会

冬の期間は、エルゴマシンなどを利用して、基礎体力の向上を

図る時期となります。

今回、そのエルゴマシンの計測タイムで競い合う

マシンローイング大会が川辺町中央公民館にて行われました。

結果、高校生(女子)の部で1年生の山本天空(そら)さん

第2位の成績を収めることができました。

IMG_4535

春になると本格的にシーズンに入ります。今後もまた練習に励ん

でいきますので、応援のほど宜しくお願いします。

 

ボート部 秋のボランティア活動!

毎年秋、ボート部は地域のお祭りやイベントに参加して、一般の皆様にボート(エルゴメーター)体験をしていただいています。

今年は11月10~11日、ぎふ清流里山公園で開催された「みのかも市民まつり」と、11月17~18日に川辺町役場で開催された「川辺町ふれあいまつり」に参加してきました。

DSC_0465
DSC_0465
DSC_0466
DSC_0466
DSC_0467
DSC_0467
DSC_0459
DSC_0459

小さいお子様から大人の方まで幅広い年齢層の方々にボートの動きを体験していただきました。

これからも、このような活動に積極的に参加し、ボート競技の魅力を発信していきます。

ご協力いただいたKBC関係者の皆様、体験していただいた皆様、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

DSC_0466

 

 

岐阜県新人大会 男子ダブルスカル優勝!

 

平成30年9月15日(土)、岐阜県川辺漕艇場で開催された岐阜県新人大会ボート競技。

当初は二日間開催の予定であったが、河川の増水が心配されたため、敗者復活戦がカットされ、土曜日に予選・決勝が行われた。

結果は、男子ダブルスカル(齋藤・木全)が優勝。10月末に愛知池で開催される中部選抜大会への出場権を勝ち取った。

DSC_3616

予選では、ボートをまっすぐに進めることができず、コースブイにオールが接触するなどしてレース中盤で失速する場面も見られたが、決勝はスタートから快調なリズムで飛び出すと、高めのピッチで終始レースをリード。後半、他校の追い上げもあったが落ち着いてラストスパートでさらに艇速を伸ばし見事優勝。中部選抜大会に駒を進めることができた。

今シーズンは舵手付クオドルプルでIH県予選を戦ったが、あと一歩のところで東海総体への出場権を逃した二人。その後はシングルスカルで個々の漕力を高め、夏休み中ごろからコンビを組んだ。まだまだ、体が細くパワーが不足するが中盤から後半にかけて艇速を伸ばす持久力が持ち味。今後はさらなるパワーアップに励み、全国大会出場に向けてもう一回り体を大きくしていきたい。

また、男子シングルスカル(櫻井)・女子舵手付クオドルプル(服部・西野・後藤み・山岡・後藤実)も準優勝で中部選抜大会への切符をつかんだ。この2クルーもまだまだ成長が期待できる。

1カ月後の中部選抜大会が今シーズン最後のレースとなります。残りの期間で、できる限りの準備を進めていきます。引き続き、応援よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

国体岐阜県選考会 & 中濃高校総体

福井国体岐阜県予選会(6/23・24in川辺漕艇場)

男子 渡辺晃平 ランキング3位

女子 服部真子 ランキング8位

以上の結果から、渡辺くんは正選手として、服部さん補欠選手として7月15日に地元岐阜県川辺漕艇場で開催される東海ブロック大会への出場が決まりました。毎年、東海地区は強豪選手がひしめく激戦区であり、非常に厳しいレースが予想されます。これから3週間という短い期間で選抜クルーを仕上げていかなければなりませんが、地元開催といこともあり期待が高まります。

中濃高校総体

男子シングルスカル 櫻井健太 2位  齋藤昂将 3位

女子ダブルスカル  後藤みなみ 2位

事実上、1・2年生の新人クルー大会。本校からは来年度の主力となるであろう選手が主にシングルスカルで出場しました。結果は上記通り。これから9月の新人戦に向けて漕ぎ込みと筋力トレーニングを重ね、秋の中部選抜大会、春の全国選抜大会に向けて力をつけていきます。

応援ありがとうございました。

第65回東海高校総体 男子ダブルスカル3位入賞

6月16・17日、愛知県東郷町愛知池漕艇場にて開催された第65回東海高校総体。本校からは男・女ダブルスカルが出場した。

DSC_0274

3月の全国選抜大会では8位に入賞するも、インターハイ県予選会では共に上記全国大会に出場し5位に入賞した恵那高校に敗れて涙をのんだ男子ダブルスカル。来週末に控えた国体県予選会にむけた練習のため、今大会前は互いにライバル同士となってシングルスカルでの練習に取り組んできた。久しぶりに現地で結成したダブルスカル。公式練習初日は多少のズレを感じたものの、そこはさすがの3年生クルー。翌日にはきっちりと修正し、東海大会に挑んだ。調整不足の不安と個人練習の成果への期待が入り混じる中での予選。思ったよりも体の動きがよく、以前よりもさらに艇速が上がっていた。相手は静岡県1位の浜松湖南高校。前半から頭を押さえられ、後半も詰めることができなかったが、確かな感触は得ていた。

翌日の決勝。前日の予選同様、浜松湖南高校と恵那高校にはスタートから出られたが、焦りはなかった。中盤のミドルスパートで差を縮めると、恵那高校を交わして2位につけ、浜松湖南高校も射程圏内に。ラスト250mのところでさらに艇速を上げ、3クルー共に激漕!一本漕ぐごとに一進一退の激しいレース展開となった。最後は力が勝る浜松湖南高校がトップでゴール。恵那高校とはほぼ同着。岸側から見てもどちらが勝ったかはわからなかったが、結果は以下の通り。

DSC_0277

恵那高校にも0.41秒及ばなかったが会心のレースだった。

昨年秋から結成したダブルスカル。体格差や体力測定値など客観的なデータからは有利な条件を一つも得られなかった。しかし、それでもあきらめることなく、ひたすら黙々と努力し続けた二人。3年生のこの局面でもさらなる成長を見せてくれ、頼もしさすら感じさせてくれました。

苦しく厳しい練習に取り組む以上、勝ちたいと誰もが思い、また勝ち負けの打算がどうしても先立つもの。勝てそうだから頑張る、負けそうだからあきらめるということを超えて、常に自分の弱さと正面から向き合い、自分の限界に挑戦し、誠実に地道にコツコツと、しかし一日一日、一漕ぎ一漕ぎを全力で楽しむ。そんな、昨年の卒業生も見せてくれた、ボートに取り組む姿勢がMINOKAMO CREWの伝統となりつつあることを実感しました。

DSC_0272

来週末には国体岐阜県予選会・中濃高校総体が川辺漕艇場で開催されます。引き続き応援よろしくお願いいたします。

 

 

 

県総体 男女ダブルスカル共に準優勝

平成30年5月26~27日、岐阜県川辺漕艇場にて開催された県総体兼全国・東海総体岐阜県予選。今年はどの種目においても厳しい戦いを強いられましたが、各クルー全力を出し切りました。各種目の決勝の様子は以下の通りです。

男子ダブルスカル(柘植和・渡辺晃平)

全国選抜大会8位の実力クルー。しかし、昨年秋から恵那高校には県、中部、全国いずれのレースにおいても10秒ほどの大差をつけられて負けてきた。しかし、今大会では前半から果敢に攻めて一時リード。中盤から後半にかけてが得意の恵那高校に中盤からリードを許すも、ラストスパートで差を縮め、その差3秒弱!惜しくもインターハイには手が届かなかったが、この半年間の努力の成果を十分に発揮したレースだった。平均身長167cmに満たない小柄なクルーだが、そのハンディを言い訳にせず、最後まで勝つための努力を惜しまず、目標に向かって着実に努力することの大切さを後輩たちにも教えてくれた。

2018 県IH-M2×

女子ダブルスカル (服部真子・西野友理)

2018県IH W2×

2年生2人で結成したクルー。冬季トレーニングから非常に熱心に取り組んできた。春からの水上練習でも、どのクルーよりも遅くまで技術練習に取り組んだ。4月の岐阜レガッタでは十分に力を出し切ることができず惨敗。悔しい思いをした。昨日の予選ではスタートからチャンピオンクルーの八百津高校を果敢に攻めるも後半失速。予選タイムは4位と出遅れた。今日の決勝ではスタートから八百津高校と美濃加茂高校が大きく飛び出し、後半も大きく崩れることなく漕ぎ切った。結果は2位。これからのますますの成長が期待されるレースであった。

男子舵手付クオドルプル、女子舵手付クオドルプルでは共に4位。惜しくも東海総体への出場は逃した。しかし、両クルーともにこのひと月で目を見張る成長を見せている。技術習得には非常に熱心に取り組んでおり、ビデオ確認や練習前後のミーティングなど、強くなるために何が必要かを常に考えて、1回1回の練習を大切にしてきた。男女ともに2年生が主体のクルー。今後の活躍が楽しみである。

2018県IH W4×

 

 

 

2018県IH M4×

 

 

 

 

 

2018県IH 陸王

応援ありがとうございました。